画用紙背景のアダラート

手のしびれとカルシウム拮抗薬に分類されるアダラート

高血圧はしばしば自覚症状がない疾患として認識されていますが、実際には症状を伴うこともあります。その多くは軽微な合併症に伴うものであり、手のしびれはしばしば見られる症状の一つです。動脈硬化が原因となって手のしびれが生じていることが多いものの、別の原因によって生じることもあることに注意が必要です。高血圧から糖尿病、脳梗塞などの合併によって手のしびれが生じるようになることもあるため、できるだけ速やかに医療機関を受診して対策を取ることが大切になるでしょう。高血圧治療においてはこういった合併症のリスクを下げるために降圧治療が行われます。アダラートはカルシウム拮抗薬に分類される降圧剤であり、この分類の降圧剤は古くから頻用されてきています。アダラートは徐放性製剤ができたことによって特に頻繁に用いられているカルシウム拮抗薬であり、その使用経験が多いことから医師も安心して使用できるという面があるのが事実です。アダラートと同様にカルシウム拮抗薬に分類される治療薬は狭心症などの心疾患に対する適応もある場合が多いため、心臓に疾患を持っていたり、そのリスクがあったりする患者にはより優先して選択されるようになっています。アダラートのように服用回数も少なくて使用経験が多い降圧剤を用いると長期間にわたって服薬していくことが比較的容易であり、高血圧患者が合併症に苦しめられるようになるリスクが大幅に低減されます。しかし、どのような合併症がいつ生じるかわからないのも事実であり、患者自身が常に自覚症状に対して意識を持つことは大切です。その一つとして様々な要因で生じやすい手のしびれは些細に感じても十分に注意が必要なものとして注意しなければなりません。